ローズヒップオイルの力

rosehips

ローズヒップはバラ科バラ属の果実で

赤い小さな実をつけるのが特徴的です。

昔はローズヒップというものはあまり馴染みもなかったかもしれませんが、

最近ではローズヒップティーが有名になり

一度は口にした方も多いのではないでしょうか。

ローズヒップティーと言えば赤い綺麗な色をしたお茶で、

ビタミンCがとても豊富なだけでなく

ビタミンE、カルシウム、鉄分、食物繊維、リコピン、

ポリフェノールなど美容や健康のために

うれしい栄養素が豊富なのが有名ですね。

ローズヒップは美肌に効果的

実はこのローズヒップの実の中の種子からとれるオイルにも

すごい力があるのをご存じでしょうか。

ローズヒップオイルにはオメガ3脂肪酸と

オメガ6脂肪酸がとても高い純度で含まれているのです。

オメガ3やオメガ6といえば必須脂肪酸であり

皮膚の細胞膜の維持や修復に欠かせない栄養素です。

それだけでなくビタミンA、C、E、Pも含まれていて

ただ飲むより直接肌に与えることで

高い美肌効果が期待できるのです。

オメガ3は老化や損傷した細胞膜を修復する働きがあり

シワやたるみの改善といったアンチエイジングに効果があります。

オメガ6には細胞膜をバランスよく保ってくれ

肌荒れなどを防いでくれる作用があります。

またうるおい成分を細胞膜の中に取り込む働きがあるので

高い保湿効果も期待できます。

使い方と注意点

このように美肌にとても高い効果があるローズヒップですが、

使い方は普段使う化粧水を塗った後に

ローズヒップオイルを2,3滴肌になじませるだけでOKです。

またクレンジングをする際に

クレンジングオイルに数滴混ぜて使うことで

開いた毛穴を引き締める効果が高まります。

そして日焼けしたお肌にローズヒップオイルを塗ることで

傷んだお肌に水分とオメガ3や

オメガ6を補給しお肌の修復力を高めてくれます

ただしローズヒップオイルは酸化がしやすく、

無精製オイルであれば1か月以内、

精製オイルであれば3カ月以内に

使い切るようにするようにしましょう。

また長く保存することができないのもあり

一回に使う量は少量づつ使うのではなく

たっぷり使うようにすると

より肌に浸透する力も高まり効果的です。

ローズヒップオイルは乾燥肌でも脂性肌の

どちらのタイプの方でも使うことができ、

簡単に美肌ケアを行えるオイルです。

使い心地はあまりベタベタせず

お肌との親和性もとても高いので

ストレスなく普段使いしやすいオイルになっています。

美容に飲んでもよし、

お肌にぬってもよしの

ローズヒップのすごい力を試してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする