オメガ9とは?

私たちが口にする油(脂肪酸)には

大きく分けて飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸にわかれます。

その不飽和脂肪酸の中でも一価不飽和脂肪酸と、

多価不飽和脂肪酸に分かれるのですが

オメガ9は一価不飽和脂肪酸に含まれます。

一価不飽和脂肪酸の代表的な成分として

オレイン酸があげられるのですが、

このオレイン酸はオリーブオイルなどに含まれています。

一価不飽和脂肪酸は常温で液体ものが多く、

酸化しにくいのが特徴です。

オメガ3やオメガ6のような必須脂肪酸とは違い、

体内でもオメガ9は作り出せるのも特徴の一つです。

オメガ9の効果

オメガ9の特徴には

体内の悪玉コレステロールを減少させる働き

動脈硬化などの病気を予防する効果、

そして便秘を解消する効果を持っています。

オメガ9の代表的な成分にオレイン酸があります。

普段食事で摂る動物性脂肪や乳製品を

摂取しすぎると体内にコレステロールが増加してしまいます。

このコレステロールは悪玉コレステロールと言われ、

増加することにより血管内にコレステロールが付着し、

動脈硬化や高血圧になりやすくなります。

また糖尿病などの原因にもなりえます。

オレイン酸はこの悪玉コレステロールを減少させ、

増えた悪玉コレステロールを排出する働きを持つ

善玉コレステロールを増加させる働きを持っています。

そしてオレイン酸に腸の活動を促す効果をもっており、

オレイン酸が腸に届くと腸を刺激し

女性に多い便秘を解消する働きがあります。

オメガ9を含む食品

オメガ9を含む食品には、オリーブオイル、

キャノーラ油(菜種油)、ピーナツ油、アーモンド、

アボガドがあげられます。

オメガ9を効率良く摂るために

オメガ9の特徴は酸化しにくいところです。

加熱しても酸化しにくいので、加熱料理に色々使えます。

オリーブオイルは美容や

健康のためのレシピによく使われていますが、

オメガ9が含まれており加熱調理に使いやすいからなのです。

ですが、オメガ9は150度以上になると

有害な脂肪酸に変化していますので注意が必要です。

揚げ物といった高温になる調理には使わずに、

炒めモノやそのままドレッシングに使ったりすることで

効率良くオメガ9を摂取することができます。

普段から肉を多く食べる人は

肉にもオレイン酸が含まれているので、

あまりにオメガ9を意識して量を摂ると過剰摂取になり

炎症などを起こすこともあるのでバランスよく摂取するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする