オメガ6ってどうなの?

oil

三大栄養素(タンパク質、炭水化物、油)の一つである油は

人の生命維持に欠かせないものですが、

普段食事で摂る油には色々な種類があり主な成分は脂肪酸です。

この脂肪酸を大きく種類にわけると

飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸と3つにわけられます。

飽和脂肪酸は常温で固体になる脂肪で、

例えば肉の脂身やラードです。

一価不飽和脂肪酸は常温で液体の脂肪で

オリーブオイルやフワラーオイルなどです。

多価不飽和脂肪酸は常温では

液体や柔らかな状態になっていて、

大豆油や魚の脂肪などがあげられます。

この中で多価脂肪酸というのは

体内で合成することができず、

食事などで補うことでしかできない物質で必須脂肪酸と呼ばれます。

この必須脂肪酸はなぜ必須脂肪酸かというと、

私たちの体の細胞膜やホルモンを作るために必要な栄養素だからです。

必須脂肪酸の中でも、

オメガ3とオメガ6という物質にわけることができます。

オメガ6はコレステロールを低下させるリノール酸は

体内でアレルギーの改善に効果のあるアラキドン酸になり、

そして生活習慣病予防に効果があるガンマリノレン酸も含まれていて、

欠かせない栄養素の一つとなっています。

オメガ6の効果とは?

オメガ6は必須脂肪酸のひとつでリノール酸が含まれています。

このリノール酸というのはコレステロールを下げる働きや

血圧を下げる働きをもっています。

またこのリノール酸が不足すると

成長が阻害されたり、皮膚トラブルが起こったりしてしまいます。

またリノール酸は体の中でアラキドン酸という脂肪酸に変わるのですが、

このアラキドン酸というのは免疫機能を正常にする働きや、

血圧の安定、脳の活性化という働きがあります。

オメガ6を含んだ食品

オメガ6が含まれる代表的な食品には

ベニバナ油、コーン油、サラダ油、ごま油といった

日常使う油やその油の入ったマヨネーズなどがあげられます。

オメガ6は摂り過ぎている

健康のためにオメガ6を積極的に摂ろうとしなくても、

現代社会ではオメガ6を摂り過ぎていると言われています。

必須脂肪酸なので食事で摂る必要はあるのですが、

食生活の欧米化により普段の食事では

オメガ6を過剰に摂取しているので意識して摂ろうとしなくても大丈夫なのです。

オメガ6にはアレルギーなどの症状を改善する効果もありますが、

摂り過ぎると逆に悪化してしまう恐れもあります。

また血液の中に血栓を作りやすくなってしまうので

摂り過ぎには注意が必要です。

逆にオメガ3は足りていないことが多いので、

バランスよくオメガ3とオメガ6を

摂ることを心がける必要がありますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする