物忘れ外来とは

最近特定の病気や症状に対して、

専門的な診断や治療をするための

専門外来が認知されてきました。

医者に行くほどでもないかもしれないが

気になる症状が続くといった方にも相談しやすく、

専門的な医師が診断してくれます。

普通の外来では診断しにくかったり、

高度な治療を受けることができたりと

その症状で悩む患者には治療が受けやすくなったと

喜ばれるので多くの病院でも専門外来が設けられています。

専門外来の代表的なものには、

頭痛外来や睡眠外来、アレルギー外来などがありますね。

そんな専門外来の中に「物忘れ外来」があるのをご存じでしょうか。

物忘れ外来というのはその名の通り

物忘れを専門的に扱う外来のことです。

物忘れが多くなっておかしいと感じたり、

自分の物忘れは認知症の始まりではないかと

不安になった人に専門的な診断を行い、

病気などの有無を調べることができるのです。

物忘れ外来と一般外来の違い

物忘れが多くなったからといってすぐに病院で診てもらうと

いう方は少ないものです。

特にお年を召した方であれば

記憶力の低下はどうしても起こるものです。

そのため、少し物忘れがひどくなかったかな?と

本人や周りが感じていても

余程のことない限り病院へ行くことは少ないものです。

しかし最近は認知症の治療も早く症状に気づき、

対策することで進行を遅らせることもできます。

また物忘れの原因が病気の前触れだったりすることもあります。

その場合、ほおっておくと

取り返しのつかないことになってしまう可能性もありえるのです。

また物忘れがひどく気になっていても、

どの病院の、どの科で見てもらえばよいか

わかりにくいのですが、

物忘れの専門外来となっているため病院へも行きやすくなります。

一般的に物忘れ外来の医師は

神経内科や脳神経外科の専門医が担当していることが多く、

これまでの多くの経験から物忘れの原因を探っていきます。

物忘れ外来の診察の流れ

病院によっても異なりますが

物忘れ外来では最初の問診に時間をかけます。

医師は患者の訴えや家族の話を聞いて

診察方針を決めていくため、

どのような変化がいつからあったかといった話や

本人だけでなく家族から見てどうだったか、

そしてこれまでの病歴や普段の生活はどのような感じかや、

血縁関係の既往歴なども聞くことがあります。

関係ない質問のようでも

物忘れに関わる診断に必要な質問なこともありますので、

正直に答えるようにしましょう。

物忘れ外来は多くのところが予約制となっていることが多いので、

物忘れが多く認知症かもしれないという不安

なんだかおかしい症状があれば

まずは近くの物忘れ外来に連絡してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする