オメガ3の副作用

コレステロールを下げたり、中性脂肪を下げたりする高血圧予防や脳の活性化、

アレルギー改善に効果のあるオメガ3ですが、

普段から日常的に摂取することで効果が現れます。

しかし、このように様々な効果があるということは

薬のように副作用があるのではないかと心配になりますよね。

特に日常的に摂取することで効果があるのですから、

毎日摂取することで良い効果がある分反対に

悪い効果が出てくるのでないかと不安になりますね。

そんなオメガ3を日常的に摂取することでの副作用はあるのでしょうか。

オメガ3をすることによる副作用ですが、

結論からいうとほとんどないと言ってよいでしょう。

美容や健康のために適切な量のオメガ3を

普段から摂取しているのであれば、

特に副作用があることはありません。

ですからオメガ3は安心して摂取できます。

しかし注意すべき点があります。

オメガ3は油の1種

オメガ3は必須脂肪酸ですが油の一種です。

いくら健康や美容によいからといっても、

毎日大量に油を摂取してしまっては

肥満の原因となってしまいます。

取りすぎるとどんな食品でも体には毒なのです。

1日2gほどがオメガ3の適切な摂取量なので

この量を意識して取りすぎることには注意しましょう。

またオメガ3を摂取しようと

サプリメントを利用する方もいらっしゃいますが、

サプリメントの種類によっては

魚から抽出したオメガ3サプリメントもあります。

もし青魚関係のアレルギーがあるのであれば、

別の食品から摂取するようにしましょう。

魚以外にもエゴマ油やアマニ油といった

植物性のオメガ3のサプリメントもありますので、

そうした別の原材料を使ったものを利用するようにしましょう。

またオメガ3は酸化スピードが早いので注意しましょう。

副作用ではないですが、

酸化によって体に良くない脂肪酸に変化してしまいますので

新鮮なものを摂取するように努めましょう。

オメガ3の良い効果としては血液をサラサラにする効果があります。

ですがオメガ3のサプリメントなどを

普段から摂取したいという方で

普段から血液凝固剤を服用している方は

まず医師の診断を仰いでから摂取しましょう。

血液をサラサラにする効果から

傷口からの出血が止まりにくくなったりする可能性もありますが、

それはあまりに取りすぎてしまった場合だけです。

常識的な量を摂取している場合には

副作用として心配する必要はありません。

オメガ3は普段から摂取しにくい成分ですから、

普段の食事に積極的に取り入れていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする