不飽和脂肪酸とは

私たち生きていくために摂取する食事の中で

油は必要な栄養素の一つです。

油は人の活動には欠かせないエネルギーであり、

また人の細胞やホルモン、

そして皮膚といったように体を構成するためにも必要なのが油(脂肪)なのです。

現代人は脂肪を取りすぎがちな人が多く、

普段から脂肪を大量にとっていると肥満になるだけでなく

そこから色々な病気につながる怖いものでもあります。

ですからその脂肪をできるだけ摂取しないようにしようという

意識を持った人が多くいますが、

脂肪の中には取らないと体内では生成できないものがあり、

不足すると様々な健康へのリスクを高める結果となってしまいます。

その体の中では生成できない脂肪を必須脂肪酸と言い

普段の食事などから積極的に取ることを推奨されています。

必須脂肪酸というのは不飽和脂肪酸に含まれているのですが、

不飽和脂肪酸にも種類があり

一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

必須脂肪酸というのはこの多価不飽和脂肪酸に分類されます。

一価不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の種類というのは

炭素の二重結合の数によって分かれます。

二重結合の数が1つのものを一価不飽和脂肪酸

またはモノ不飽和脂肪酸と呼ばれます。

一価不飽和脂肪酸の特徴として、

悪玉コレステロールが増えすぎるのを防いでくれる役割があります。

悪玉コレステロールは増えすぎると

動脈硬化を引き起こしやすくなったりと

怖い病気の原因となったりします。

一価不飽和脂肪酸が含まれる食品として

オリーブオイルがあげられます。

オメガ9系の油とも呼ばれ、酸化しにくいのが特徴です。

多価不飽和脂肪酸

炭素の二重結合の数が二個以上のものを

多価不飽和脂肪酸と呼びます。

多価不飽和脂肪酸にも分類があり

オメガ3とオメガ6と呼ばれています。

この多価脂肪酸は体内では生成できず

食品からしか補うことができないので必須脂肪酸になっています。

多価不飽和脂肪酸の中でも特にオメガ3を摂取すると

体内の悪玉コレステロールを減らすだけでなく、

様々な生活習慣病の予防にもなります。

また、アレルギーの緩和や

美肌効果といった美容にも効果があることがわかり、

今多くの人に注目されている成分なのです。

もちろんオメガ6も必須脂肪酸で不足すると

健康を損なう恐れがありますが、

現代人は普通の食生活をしている限り

オメガ6は十分摂取できているとされています。

そのため、オメガ3を積極的に取ることが必要とされています。

多価不飽和脂肪酸が含まれる食品として、

オメガ3は青魚やアマニ油、

オメガ6はベニバナ油やコーン油、サラダ油に多く含まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする