EPAってなんだろう?

aji-sakana

EPAとはあまり聞き慣れない名前ですが、

エイコサペンタエン酸と呼ばれeicosapentaenoic acidの略称です。

EPAは不飽和脂肪酸であり必須脂肪酸のオメガ3に分類されます。

DHAと分子構造が似ており、DHAとセットでよく扱われます。

EPAの働き

EPAの働きはDHAとよく似ています。

DHAは脳や目の網膜に取り入れられますが、

EPAは全身の細胞に取り入れられます

EPAは脳まで届かないので、

DHAのほうが重要視されているような印象を受けますが、

人体にDHAが不足しないように

全身のEPAを集めDHAに変える働きだけでなく、

血管内の血栓を防ぐ働きに優れています。

血栓を防ぐ働きは血小板凝集抑制効果と呼ばれますが、

心筋梗塞や虚血性心疾患、

動脈硬化といった病気の予防に効果があります。

健康のためにはサラサラ血液にしましょうと言われますが、

ドロドロの血液がなぜダメかというと

血液には酸素や栄養、老廃物といった

体を維持するために体の隅々に届ける役割を持っています。

しかしドロドロ血液になると、毛細血管を通ることができないので

体の細部にこうした酸素や栄養が運ばれなくなってしまうのです。

そのため手足の冷えや頭痛、目眩、

そして体の不調に繋がるだけでなく、

太い動脈の血管を除々に塞ぎ病気の原因となってしまいます。

EPAはこうした血液のつまりを防ぎ、

血液をサラサラにする効果に優れているのです。

DHAとEPAの違い

DHAとEPAは似たような構成になっていて、

体に良い効果をもたらす点も似ています。

血液をサラサラにする効果はDHAもEPAも持っています。

どう違いがあるかというと

DHAは血液や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きを持っていて、

EPAは血小板凝集抑制効で血栓ができるのを防ぎます。

DHAは神経系に作用するのですが、EPAは神経系には働きかけません。

しかし、DHAを体の中で作るためにはEPAが必要になるのです。

ですからどちらか一方を摂取すればよいということはなく、

両方を同時に摂取することで血液サラサラ効果が上がったり、

精神安定、アレルギー予防に効果があったりするのです。

摂取する際の注意点

EPAもDHAも適切な量を摂取することで

健康に様々な効果をもたらすのですが、

体に良いからといっても過剰摂取してしまうと

逆に健康を概してしまう恐れがあるので注意しましょう。

過剰摂取により、出血がとまりにくくなったり、

吐き気や嘔吐をする危険性があります。

また血圧を下げる薬を飲んでいる方には注意が必要です。

薬の種類と摂取量によっては

血圧が下がり過ぎてしまうといった副作用もあります。

EPAやDHAは普段の食事から取りづらく、

毎日摂取するためにはサプリメントで補う方法がオススメですが、

一度に過剰摂取してしまうとこうした注意点もあるので、

適切な量を守って摂取するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする